納骨堂はお墓の一種

納骨する場所といえば、お墓が一般的ですね。家ごとに建てられていて、毎年お墓参りに行く人も多いはずです。そんなお墓では、ご先祖様が長い眠りについています。手を合わせてお祈りし自分の近況報告を伝えたり、「いつもありがとうございます。」という感謝の気持ちを伝えます。昔から守られてきたお墓だからこそ、若い人もお参りすることを忘れてはいけないのです。
ですが最近、お墓を持たない家も増えています。その理由は、購入しても受け継ぐ人がいなかったり、お墓にかかる高額な費用が出せないということなどがあげられています。後継者がいないという人の中には自分の後に続く子孫に負担をかけたくないという人もいました。悲しいようですが、今はこういう時代になってきているんですね。そういった人はお墓ではなく納骨堂という選択をしています。そこで、お墓と納骨堂ってどう違うの?という疑問が発生します。
本来の意味としては、お墓は「遺骨を収蔵する」場所です。それに対し、納骨堂は「遺骨を一時的に保管してもらう」場所となっています。納骨堂は昔、墓地の隅にある一時だけ遺骨を預かるための施設でした。ところが最近では、長期にわたり遺骨を預かり供養も行う施設へと変わりつつあります。そのため現在では、納骨堂はお墓の一種だといわれています。大きな違いといえば、墓石があるかないかによって費用が大きく変わることでしょうか。お墓を建てることを当たり前と思っている人にとっては納骨堂なんて…と思われやすいですが、実際に納骨堂のことをもっとよく知ればその認識も変わるのではないでしょうか。

墓地

タイプも多種多様

納骨堂の収蔵方法には、様々なタイプがあります。見慣れた仏壇式やロッカー式、素晴らしい技術が生かされた機械式など、納骨堂のことを知れば知るほど興味を持つことができますよ。

納骨堂と永代供養墓の違い

お墓を建てないと決めたなら、納骨場所をどこにするか決めなくてはなりません。納骨堂のことはわかってきたけど、永代供養墓って何だろう?そんな疑問にお答えしていきます。

良い納骨堂選びのポイント

良い納骨堂には、見分ける方法があります。HPで確認できるものもあれば、実際に見学して確認した方が良いものもあるので、納骨堂を決める前にぜひ一度確認してみて下さいね!