納骨堂と永代供養墓の違い

永代供養墓というものをご存知ですか?お墓参りができないという人やお墓参りに来てくれる人がいない場合に、寺院や墓地の管理者が家族に代わって供養や管理をしてくれるものです。お墓は代々受け継がれるものですが、様々な原因によって若い世代に受け継ぐことができないことができない人もいます。そういった人のために生み出された方法なのです。お墓を選ばなかった人が、お墓のイメージからあまり遠ざかることもなく、理解を得やすいということから永代供養墓を選ぶ人も多いです。
永代供養墓のメリットは、後継者が必要ないこと、墓石代もいらず、将来的にも費用が抑えられること、宗派を問わないのでどの国籍の人でも利用できること、お墓と同じく墓地の中にあるのでたくさんの人がお参りに来るので寂しくならないということです。逆にデメリットは、17回忌・33回忌などの期間が過ぎれば合祀されてしまうので、故人の遺骨だけを取り出せないことがあります。
長々と説明してきましたが、まとめると永代供養墓とは後継者に代わってお寺に供養・管理をしてもらうものです。
それに対し納骨堂は、一時的に遺骨を預かってもらうための施設というものでした。でも、最近では一時的ではなく同じように永代にわたって利用する人が増えています。ですので、遺骨を屋内で収蔵しておく施設だと理解しておくのがいいでしょう。
費用はどちらもお墓より安いので、お墓を建てないと決めた人が次に悩むのは永代供養墓にするのか?納骨堂にするのか?という問題だと思います。